片付けとしつけは関係するのか?

家族で暮らしていると、片付けで悩んだことのある人も多いかもしれませんが、子どもに片付けを身に付けさせるには、躾として教えるのではなく、子どもが無理なく片付けを身に付けるためには「遊び感覚」というのがとても大切なのです。

片付けを躾として捉えてしまうと、子どもが片付けをしている途中に親御さんが手を出したくなったり、注意してしまうので子どもも片付けが嫌になってしまいます。

遊びと同じような感覚で、親御さんと競争して片付けさせたり、楽しんで片付けを行うことにより、自然と片付けについて身に付けることができるようになりますよ。

遊びで片付けを行っていると、片付けが適当になってしまったり乱雑になってしまうかもしれませんが、忍者というルールを設けて片付けさせることにより、静かに片付けることができるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事