スプレー缶を処分する方法とは

ゴミの処分方法は、各自治体のルールを守る必要がありますが、誤った処分の仕方により火災などの原因になる恐れがありますので、特にスプレー缶の処分の手順には気をつけておきましょう。

スプレー缶は、塗料やガスが残ったままだと引火したり爆発することが考えられますので、使い切ったらノズルを外して穴あけを行い、ガス抜きしましょう。

塗料缶はキャップ部分がガス抜きになっていますので、塗料が飛散しないようティッシュを詰めてから音が止まるまでガスを抜きます。

自治体によっては、缶の穴あけが義務付けられていることがありますので、火の気が無い場所で専用の穴あけ器を使ってガスを抜いてから、ルールに従って捨てるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事