どのくらいのサイズから粗大ごみになる?

粗大ゴミを捨てるのは、なかなか大変かもしれませんが、そもそもどのくらいのサイズから粗大ゴミになるのでしょうか?

粗大ゴミの定義やサイズは自治体によって異なり、ゴミ袋に入らないサイズだったり、大体30cm以上を超えてしまうと粗大ゴミとして扱われることが多いでしょう。

粗大ゴミは、自治体の回収サービスに回収してもらうか、自分でゴミ処理場へ持ち込んで処分してもらう方法がありますよ。

粗大ゴミの回収は基本的に有料ですが、粗大ゴミを自力で分解してサイズを小さくすることによって普通のゴミとして回収してもらえる場合もありますし、大きすぎる粗大ゴミは回収してもらえない可能性もあるのです。

不用品が粗大ゴミに該当するのか、回収してもらえるのか分からないなら、住んでいる自治体に問い合わせてみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です